縫い代ありか、なしか、、、それが問題だ!

洋服を作るのにまず最初に作るのが型紙ですが、その形式として、縫い代をつけるかつけないか、どちらがいいか?というのに悩まれる方もいるようです。

 

教室では縫い代なしパターンを貸出していますが

ひとにより、『私は縫い代ありのほうが便利で、、』という方も沢山いらっしゃると思います。

 

洋裁本 付属のパターンや、ネットのパターンやさんでも、少数派ではありますが縫い代つきのパターンのものもあります。

縫い代つきでも、うっすら出来上がり線がはいっていたり、出来上がり線さえはいっていないもの!もあります。(これは私からすると論外ですが)

 

そういえば昔、学生時代に一晩で何枚もパンツを仕上げてきたりする早業の友人がいました。

 

一体どうやってそんなに短い時間で何枚も作れるの???

と皆で囲んで聞いたところ、パターンは殆ど工業用パターン(縫い代つき)で1cm縫い代。出来上がり線は一切つけない。

縫うときはミシンに1cmの線を合わせたところをだだっと縫うのだとか。

 

確かに縫い代つきのメリットとして

パターンを布に置いたらそのまますぐに裁断できることにあります。

出来上がり線を入れずに彼のように仕上げるなら 縫い代つきはすごく早くできてメリット最大限!と思います。

 

もうひとつのメリットは

縫い代の端の方まできちんと縫われることによりパターンのシルエットをきれいに出せること、

でしょうか。

(これは縫い代なしのパターンを利用しても縫い代の交差角のラインを書くときにルールを守って気をつければ同じことなのですが。)

 

でもデメリットもあります

パターンに縫い代を付けてしまうとそれ以外の縫製方法のアレンジが効かないこと。

パターンのアレンジをするときに面倒くさいこと。

 

 

結局どちらも出来上がり線を書き入れるのならば、縫い代ありでもなしでも線を引く手間は同じ、だということを考えると、、、

 

私は縫い代なしパターン派なのです。

 

 

パターンをどのように使いたいか、

どの点に利点を感じるのか、

自分がどの作業が苦手で面相と感じるのか、

などで使い分けするのがいいかもしれません。

 

ちなみに教室のパターンはすべて縫い代なし、ですので

出来上がり線をいれて、そこから縫い代分を測りながら線をいれて、使用していただきます。

 

 

——————————————————

親も子供も今だけの楽しい思い出を。

親子ルックを楽しんで。子育てを楽しんで。

———————————————

AtelierAttic

アトリエ アティック

こどもコーナーのある手芸・洋裁教室

sewing making room

https://www.atelier-attic.com/

550-0004 大阪市西区靱本町1-16-18クリエイトビル3F

・・・初心者からの手芸、洋裁教室・・・

簡単で可愛いベビー服、子供服、親子お揃い服など自分でハンドメイドしてみませんか。

洋服の他にも可愛いアクセサリーやベビーグッズ、生活小物、バッグなど小物もいろいろ作れます。

季節ごとにアトリエ アティックおすすめのオリジナルデザイン&レシピもご用意しています

何を作るかすぐ決められない方でも、きっとどんどん作りたいイメージが湧いてきます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です