なぜ つくるのか

「一枚の服が、着られて着られてすっかり体のクセがしみこんで。
記憶をたどるクタクタの一着を、僕がこの仕事を終えるとき、
どこかで誰かが着ていてくれる。そんな一着をつくることが
あったらいいと思っている」

毎日ファッション大賞受賞時の皆川 明さんのコメントです。

なんとなく、同じです

お母さんが作った洋服を
子供が気に入って
毎日毎日同じのを着たがって、
サイズがきちきちになるまで着たがって
端がボロボロに擦り切れるまで着てくれて。

そしてその洋服の色や柄、肌触りが
着ていった場所やその香りの記憶とともに愛しい思い出になってくれる

なんてとても素敵だと思うのです。

——————————————————

親も子供も今だけの楽しい思い出を。

ペアルックを楽しんで。子育てを楽しんで。

———————————————

『AtelierAttic』

アトリエ アティック

〜こどもコーナーのある手芸・洋裁教室〜

sewing making room

★Home

〒550-0004 大阪市西区靱本町1-16-18クリエイトビル3F

・・・初心者からの手芸、洋裁教室・・・

簡単で可愛いベビー服、子供服、親子お揃い服など自分でハンドメイドしてみませんか。

洋服の他に 可愛いアクセサリーやベビーグッズ、生活小物、バッグなど小物のワークショップも。

季節ごとにアトリエ アティックおすすめのオリジナルデザイン&レシピもご用意していますので

何を作るかすぐ決められない方でも、きっとどんどん作りたいイメージが湧いてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です